コーチングって快感。編

こんにちは。harahyuです。

●本日のサッカー少年応援飯 フロンターレ応援飯●

Jリーグ観戦に行きたかった今日。

でも、全然チケット取れず。

毎週、息子の試合があるので前もって取っておくことができないので、なかなか最近はDAZN率が高いです。

でも、テレビで映すやり方が分からないため、ipadで家族3人で目を凝らしながら見る。(笑)「今の誰?誰が、ファール?」とか、微妙な感じでの観戦。

今日は、フロンターレ応援飯。フライパン簡単すき焼き。割り下成功!!

 

うちの旦那さんは息子が以前 所属していた、サッカーチーム3,4年生のパパコーチをしてます。彼はサッカー経験者ではなく、部活はラグビー。

でも、息子がサッカーをはまるのと同じに一緒にはまっていきました。

でも、春にサッカーコーチの最中に骨折をしたため、最近はあまり顔を出していませんでした。行っても、スパイク履かず、声かけに行く感じ。

でも、土曜日に練習試合があり、メインのコーチは審判をしなくてはならないのでベンチにはいってくださいと頼まれた。さぁ。どーする?

旦那さん行きました。

私も見に行きました。知ってる子もたくさんいるし、なんだかんだと私は古巣の試合の応援に行ってしまいます。(笑)3,4年生って可愛いし。

旦那さんはあまり人との争いを嫌うタイプ。なので、メインのコーチの我儘だろうが、意味不明の指示だろうが反論しないでその通りにします。

でも、旦那さんの力量を発揮する場面が。

1試合目。5-0でぼこぼこにされて負け。

その試合後のミーティング。どうして、ぼろぼろだったか自分たちで考えさせました。そして、旦那さんは「自分が取られたボールだけは、取り返しに行って。」それだけ、言いました。

次の試合。すごい集中してます。さっきのチームと同じチーム?と思うほど、スペースに上手くパス出して、勝ち。1試合目は子供たちも声掛けが責める口調だったのに、誰一人誰かを責める声掛けはありませんでした。

3試合目も勝ち。

そのあとのミーティングでは、「1番最初の試合と2,3試合目はなにが違ったと思う?」と聞いたら、たくさんの子が手を挙げて、発言してました。

そして、4年生に混ざってずっとプレーした3年生の子が「心!!」と言いました。

はぁ。すごいな。

大人が何にも言わなくても、サッカーからすぐ学べちゃうんだ。

自分で考えさせたことで、仲間を責めてしまったことも自分で思い出す。もっと、違う声が出せたのではないかと自分で気づく。

誰かが「みんなマークしてない。」と意見を言ったことで、ボールにばっかり行ってしまったことに気づく。

旦那さんは「取られたボールを自分で取り返しに行く。」だけを言った。なぜなら、その意見だけ子供たちから出なかったから。あとは、コーチが言いたかったことなんて、子供たちわかってる。いつも、練習してるんだもん。

なるほど。

私は帰ってしまったのでその後は観れませんでしたが、いい試合をしたそうです。

帰ってきた、旦那さん。

「ねーねー。あの後さ、誰と誰があーでこーで。」・・・・・

と、ずっとしゃべり続け、本当に嬉しかったんだと思います。子供か!!

コーチングの本を読み漁ってて良かったね。

「いゃー。自分の言葉で子供のプレーが変わってくれるって、快感かも。」

と最後、ぶっちゃけてました。ほどほどにね・・・。(私の心の声)

自分の息子にもそのくらい冷静な判断してほしいけど、それができないのが親子なのでしょうね。

サブコーチが適任です(笑)

子供はサッカーからたくさんの事を学んで、大人は子供たちからたくさんの事を学んで、やっぱりサッカーって素敵♡

ブログ村参加してます↓ポチっと押していただけたら感謝です

にほんブログ村 料理ブログ アスリートの食事と栄養へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




コメント