友人たちが古巣のチームを辞める訳。編

こんにちは。harahyuです。

●サッカー少年応援飯  生姜焼き丼●

☆生姜焼き丼

☆自家製ドレッシングサラダ(醤油、酢、ごま油、胡椒)

☆わかめと油揚げの味噌汁

何にも材料がない!やばい!と思ったら、豚肉さんが冷凍庫に一塊あった。

何もない時は丼!!しかも、凝ったごはんより人気あり・・・

シンプルが美味しいね。

 

息子君が1年生の時から入っていた小学校のチーム。

彼はそこで、サッカーの楽しさを教えてもらい、きっと一生続くであろう友達とも出会った。

師匠と呼べる人とも出会い、会えばいつも頭をくしゃくしゃとしてくれる低学年の時にみてくれたコーチもいる。

私にとっても、その古巣はどうしても忘れられない。

息子と同じように少年サッカーの楽しさを教えてもらったし、かけがえのないママ友とも出会え、会えば今でもメッチャ笑顔で話しかけてくれるコーチもいる。

もっと上を目指したいという息子の願いから、今までお世話になったチームとお別れしたのが今年の3月。苦渋の決断。

でも、その時は4年生でぶっちゃけ5,6年のコーチとはほとんど関わってなかったので、そんなに5,6年に情がなかったのも事実。

ただ、友達やママ、他のコーチなどなど家の目の前のグランドで練習しているチームにこれから行けなくなる。というのは辛かった。

でも、息子の選んだ道だし私たちも賛成した。

今でもたまに試合は土手ぐらいなら見に行く。

応援だから誰も文句は言わない。

いまでも、古巣の息子の友達は会えば「・・・ママーー!!」と叫んでくれる。

可愛い。素直に可愛い。

とにかく今でも思い入れはとてもあるチーム。

そこから、どんどん息子の友達が退会したいと思っている、との情報。

なんでなんだろう?どうしてなんだろう?

でも、なんとなくわかるのは、その選手達がコーチを信用していない。

うちの息子がそうだった。

大人のせいでもある。大人が嫌うから子供も嫌う。

もちろん、本人の合う合わないもあるでしょう。

だからノレない。

だから、上手くなれない。

だから楽しくない。

あんなに楽しかったのに・・・。涙

コーチは期待をかけます。子供に。

でも、もし期待通りの結果にならなかったら・・・。

勝ちたい。勝ちたい。負けたくない。

子供のため。本当に子供のため?自分のため?

どちらにしろ、楽しければ子供は辞めない。サッカーは楽しいもん。

何人かの選手が古巣を去るとの噂を聞いて、色々、色々思うけど、楽しかったらサッカーは辞めないよね。の結論に達し、移籍でも、スクールでも遊びでも続けてくれたら嬉しいなと思います。

続けてくれていたら、また一緒にサッカーやる時も来るかもしれない。

辞めないで。もしサッカー好きなら辞めないで。

と、切に思うのでした。

ブログ村参加してます↓ポチっと押していただけたら感謝です

にほんブログ村 料理ブログ アスリートの食事と栄養へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




コメント