続、しつけ。編

こんにちは。harahyuです。

なぜ鹿島の青い空の写真なのか・・・

 

家に帰ると、いつもの習慣通りカバンから洗濯や弁当箱などをだしました。

そして、テーブルに置かれた、全く手が付けられていないおにぎり3個。

 

朝おにぎり3個わたして、それがそのまま残されたという事です。

袋の中には飴の残骸やお菓子の袋が入ってます。

 

そこから、私の雷は落ちました。

「4時に起きて作った。」「1日中、サッカーだったのはあんたもだけど、私もだ。」「そのおにぎり捨てんのか。」「ご飯作りもママが勝手にやってることなのか。」「毎日、お菓子とファミチキ食べてりゃいーじゃん。」とか何言ってるのか支離滅裂。(笑)

言いたかったことは、食べ物の大切さとサッカーをやりたいのは自分でしょ。

と言う事。それを、できることに感謝する事。できる事や食べられることが当たり前だと思ってほしくない事。

でも、私も疲れてたんでしょう。(笑)

別に恩を売りたかったわけじゃない。

さっぱり何が言いたいのか分からなくなってしまって。(笑)

「明日は練習試合だけど、私はあんたのごはんを作りたくない。だから、お金を渡すからコンビニでもなんでも行って、自分で朝昼晩なんとかしてくれ。」

「自分で何とかしてる子供なんて山ほどいるからね。コンビニのごはんが食べれるだけいいはずだよ。私がつくったのより美味しいのいっぱいあるからね。」

 

そこで、考えました。

昨日のコーチの話。

サッカーできることが当たり前。

ご飯も当たり前。

でも、これは親のしつけ。

私のしつけが駄目だったという事。

教えてあげれてなかったという事。

だから、はっきり言いました。

「これはしつけです。」

 

遅いけど、本当に遅いけど、今気付けて良かった。

遅いけど、今息子に伝えられてよかった。

と思いました。

食育。大事。

しつけます。これからでも。自分の息子。

 

そして息子は日曜日に完全コンビニ食で過ごしました。ありがたいコンビニ。

本人なりに考えたらしい。

脂っこいものは駄目そうとか、ママがいつも梅干しがどうとか言ってるとか、おにぎりは大丈夫だろうとか。

でも、カフェラテは外せない。(笑)

夜は、から揚げ弁当をコンビニに買いに行きました。

明日は、美味しいものを作ってあげよう。

ブログ村参加してます↓ポチっと押していただけたら感謝です

にほんブログ村 料理ブログ アスリートの食事と栄養へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




コメント

  1. きた より:

    素敵です!!